雇用管理研修とは

建設労働者雇用改善法に定める雇用管理責任者等を対象に、労働調査会は厚生労働省委託事業として、雇用管理研修において下記の講習を全国47都道府県で実施いたします。

雇用管理責任者とは

「建設労働者の雇用の改善等に関する法律」(建設労働者雇用改善法)第5条では、「事業主は、建設事業を行う事業所ごとに(中略)、雇用管理責任者を選任しなければならない」と定めています。

さらに、同法第5条第3項では、「事業主は、雇用管理責任者について、必要な研修を受けさせる等第一項各号に掲げる事項(建設労働者の募集、雇入れ及び配置に関すること/建設労働者の技能の向上に関すること/建設労働者の職業生活上の環境の整備に関すること/建設労働者に係る雇用管理に関する事項で、厚生労働省令で定めるもの)を管理するための知識の習得及び向上を図るように努めなければならない」としています。

対象者雇用管理責任者や責任者を補佐する立場の方
受講料無料(テキスト無料配布)
修了証研修終了後に修了証を交付
受講料無料

基礎講習

建設業の雇用管理の基礎を確認したい

建設労働者雇用改善法に定める雇用管理責任者等を対象として、
労働者の募集、雇い入れ、配置から退職に至るまでの雇用管理
に必要な知識の習得を目的とした研修です。


雇用管理研修【 基礎講習 】カリキュラム
時間(目安)講義項目研修時間主な講義内容
9:00 - 9:10 開会式・
オリエンテーション
10分
  • 開会挨拶及び事業説明
  • 進行説明等
9:10 - 11:10 雇用管理総論 120分
  • 建設業の現況と課題
  • 建設労働の実態と問題点
  • 雇用管理責任者の責務
  • 建設労働関係法令について 等
  • 雇用管理改善のメリット
  • 建設事業主等に対する助成金の内容 等
11:10 - 11:50 社会保険 40分
  • 社会保険の意義と概要
お昼休憩(60分)
12:50 - 14:10 社会保険 80分
  • 労働者性の判断基準
  • その他保険制度の概要と事務手続等(健康保険、厚生年金、建設国保、雇用保険、労災保険、労働保険)
14:10 - 16:20 労働法の概要 130分
  • 募集・採用・配置に関すること
  • 雇用契約就業規則
  • 賃金管理
  • 労働時間管理等
16:20 - 16:30 閉会式 10分
  • アンケート記入
  • 修了証交付
  • 研修時間(370分)
  • ※休憩:約1時間毎に5分間から10分間入ります
  • 【全国共通カリキュラム・テキスト使用】
受講料無料

コミュニケーションスキル等向上コース

若年者の職場の定着率を高めたい

相談しやすい若手先輩職員が少ない若年労働者と熟練労働者が円滑なコミュニケーションを取りながら働くことのできる環境づくりの手法や、技術や技能を習得する前に離職する若年者の多い建設業の職場におけるモチベーションの維持・向上の手法を習得することを目的とした研修です。

建設業では、高齢化が進行しており、就業者に占める高年齢層(55歳以上)の割合が3分の1を超えています。このうちの大半が10年後には引退する可能性が高いことから、若年入職者の確保・育成は喫緊の課題です。

しかし、建設業の若年入職者の3年以内の離職率は、特に高校卒業者で50%に迫る高水準のまま推移しています。管理監督者や熟練労働者にとっては、特に入職して間もない若年者とのコミュニケーションの取り方や、職人として一人前になるまでモチベーションを維持させることが難しいという声も多いなど、他産業に比べても雇用管理面での課題が多く存在しています。

そのような課題に対する解決策の1つとして、本コースを実施します。
 コミュニケーションは、人が人と働く上での根幹です。管理監督者のわずかな変化が職場の環境を大きく変えることがあります。
 本コースでは、若年労働者の職場定着率を高め、誰もが働きやすい職場を実現するために、グループワークを中心として、特に以下のようなコミュニケーションの手法を紹介します。

  • 若年労働者と熟練労働者が円滑なコミュニケーションを取りながら働くことのできる環境づくりの手法
  • 技術や技能を習得する前に離職する若年者の多い建設業の職場におけるモチベーション維持向上の手法

建設業における高齢者の大量離職の見通し

建設業における高齢者の大量離職の見通し

資料:国土交通省「国土交通白書 2017」(総務省「労働力調査」より国土交通省作成)

雇用管理研修【 コミュニケーションスキル等向上コース 】カリキュラム
時間(目安)講義項目研修時間主な講義内容
12:50 -
12:55
開会挨拶
12:55 -
13:10
1.講義
  •  Ⅰ.建設業への期待と課題
  •  Ⅱ.建設業に求められる働き方改革
  •   ー事業主・管理者・監督者の役割ー
  •  Ⅲ.若年層の「働くことの意識」
15分
  • 建設業界の現状(高齢者・若年層・女性、各層の課題他)
  • 「働き方」に関する調査結果等 
  • 対人関係、コミュニケーション能力について
13:10 -
13:50
2.グループワークⅠ「アイスブレイク」 40分  
13:50 -
14:30
3.グループワークⅡ「部下からの相談1」 40分
  • 自己理解と自己肯定感を理解する
休憩(10分)
14:40 -
15:30
4.グループワークⅢ「部下からの相談2」 50分
  • 対人関係能力を習得する
15:30 -
16:20
5.グループワークⅣ「部下との対話」 50分
  • 組織が変わる関わりを理解する
16:20 -
16:30
修了証交付、アンケート
  • 研修時間(220分)
  • ※全国共通カリキュラム・テキスト使用

提出期限・記入方法などについては、最寄りの都道府県労働局またはハローワーク(公共職業安定所)にご相談ください。

雇用管理研修のお申し込みはこちらから 建設産業のJobポータル『建設現場へGO!』